ブログトップ

AQUA B0X LiF3.01.1

ablife.exblog.jp

アクアに関する考察や日々のメンテナンス、その他諸々

じつはいろいろと・・・。

リセットしてから早いもので一月ほど経つ60Pですが
一見順調そうに見えているこの60P
見えないところでトラブルが続出しております。

あぁ~。何から書こう。

その前に60Pの機材についておさらいでも。
e0170698_9515176.jpg


水槽 :ADA キューブガーデン w60×d30×h36
照明 :AQUTE クリスタルシャイン150w 10000k、
 09:00~17:00までの8時間点灯
補助照明 :メーカー不明 電球型蛍光管 22w
 08:00~18:00までの10時間点灯
濾過 :EHEIM 2213+2213サブ
濾材 :fACTORY STYLE AQUA+ オリジナル濾過材
底床 :パミスS2l AQUA B0X LiF3オリジナル底床ベース2l ADA アクアソイル アマゾニアⅡノーマル9l
CO2 :AQUA SYSTEM AQUA CO2 SYSTEM ProⅡ、Life Holdings 多機能CO2溶解器、ADA スピードコントローラーG、ADA グラスカウンター
 グラスカウンターで毎秒3滴 08:30~16:00まで添加
エアレーション :TETRA OX-45、オリジナルエアレーションシステム
 16:45~08:10まで
その他 :vivaria マルチパネルヒーター(底床ヒーター)、Tetra CR-3(クーラー)
水草 :エキノドルス・ハムリック、ミズトラノオ、ルドウィジア・ブレビペス、ミクロソリウム・ナローナロー、ミクロソリウム・ナロー、
ミクロソリウム・ウィンドナローK、南米ウィローモス

生体 :ラミーノーズテトラ、オトシンクルス、サイアミーズ・フライングフォックス、ヤマトヌマエビ

液肥、添加物:自作カリウム10%溶液、ADA GREEN BRITY STEP2、ADA ECA、ADA GREEN GAIN、EHEIM 4in1

水質
水温:25℃
pH:6.6
NH3:NA
NO2:NA
NO3:NA
GH:1dH
KH:3dH

となっております。

まずフィルターなのですが、
今までは
EHEIM2213と2213サブにエアレーションシステムとCO2強制添加器を取り付けていたのですが
今回からはさらにクーラーを増設し、ろ材を変更など大幅な変更を行いました。
e0170698_9393237.jpg

ほかにもCO2の拡散効率を上げるためにホースを無駄にループさせたりもしています。

そのためフィルターの排水量が激減してしまいました。


排水量の減少といってもまだ許容範囲内なのでこれといった対策は行っていませんが
今後長期にわたって運転することを考えると見逃せない点でもあります。

そして、底床ヒーターを設置したのですが。
気温が高くなってきたせいもあり底床温度をあげると同時に
水温もかなり上昇してしまい絶えずクーラーが作動している状態になってしまっています。
e0170698_9421993.jpg

さらに、間接的に底床を暖めているため設定が非常にシビアです。
立ち上げてから1週間ほど絶えずヒーターのつまみをいじっている状態でした。

これらは別途サーモスタットなどを利用して
うまく調節できるようにすれば解決しそうです。が・・・

じつは先日換水の際に事件はおきました。

いつものバケツリレーの最中に部屋を水びだしにしてしまったのですが、
その際、このマルチパネエルヒーターに思いっきり水をかけてしまいました。

そのときはなんともなかったのですが
数日後、うんともすんとも言わなくなりました。

あぁ。どうしましょ・・・orz
[PR]
by drunk35 | 2009-06-02 09:52