ブログトップ

AQUA B0X LiF3.01.1

ablife.exblog.jp

アクアに関する考察や日々のメンテナンス、その他諸々

最近、急に寒くなってきましたね。

気温の低下と共に水槽の水温も下がってきたので
そろそろヒーターでもいれますか。

なんて考えていました。

それと同時に

そういえば『忙しい』を言い訳にして
外部フィルターの掃除をしていないことに気付き、

『ついでに一緒にやっちゃうか』

なんて・・・。


考えてみれば次回使う予定のヒーター内蔵の2215があるんだよな・・・。


ってことで
e0170698_101038.jpg

ここへきてシステムのマイナーチェンジです。

次期投入予定のフィルターを前倒しして投入です。

まず
e0170698_10135856.jpg

フィルターについてきたこの青いスポンジの加工からはじめます。

加工といってもそんな大したことではないのですが
e0170698_10155239.jpg

写真のように半分の厚さになるようにカッターで切断します。

何で半分に切るかといいますと濾過容量を最大限使いたいのと
スポンジの目詰まりを防止するのが目的です。
(それと一枚を二枚にすればお得w)

フィルターの最下部に目皿、次にこの切断青スポンジ、メイン濾過材、
青スポンジ目皿と入れていきます。
e0170698_10224690.jpg

(この後、メイン濾過材が入っていきます。)

ちなみにこの作業中リリイパイプやらはハイター漬けで放置w

それにしても容量的には一個当たり1リットルの増加なんですが
2213に見慣れてきた目には2215はでかいですね^^


e0170698_10254531.jpg

新旧並べてみましたw

2213は水道水で徹底洗浄後、次回使用時まで倉庫で待機してもらいます。

濾過容量もアップしてヒーターも設置。
今年も冬が越せそうです。



ちなみにプレゼント企画ですが、
若干まだ余裕があります。
明日の正午まで受け付けておりますのでご希望の方はお早めに^^
[PR]
by drunk35 | 2009-10-17 10:32
8/1にいろんなことを一気にやりました。

なんというか、ここのところ停滞気味なアクア熱を盛り上げよう!

見たいな感じですね。

前回、写真撮影の練習を行ったと記事にしたのですが
その際、フィルターを清掃する!と宣言したとおり
まずフィルターの清掃からはじめました。


・・・が、例によって証拠写真を撮りわすれ。
文章で報告すると、
汚泥だらけで、真っ黒!
濾過材はやはり黄色く変色していて
ADAのバイオリオみたいな色になってきました。

そのうち写真撮影します・・・。

で、ついでにトリミングも行いました。
e0170698_9582085.jpg

さっぱり!

モチベーションもあがってきたので
レッドビーでもはじめてみようかな・・・。
[PR]
by drunk35 | 2009-08-03 10:00
毎月恒例の外部フィルター清掃の日!

ホントはは昨日やりたかったのですが、いろいろと忙しかったので今日に変更です!

先月はサブを清掃したので
今月はメインです。
e0170698_945735.jpg


先月フィルターを清掃した際、写真を撮り忘れていたので
今回はちゃんと撮影しましたYO!

ってことで2213の中身公開!
e0170698_964921.jpg

もちろんろ材はfACTORY STYLE AQUA+さん
『ファクスタ濾過材』が詰まっております!
かれこれ約2ヶ月ぶりに蓋を開けたのですが、若干ろ材が黄色く変色しているように見えます。
光の加減かな?

(ちなみにfACTORY STYLE AQUA+さんからは“かならず”ネットにいれて使用してくださいといわれていますがあいにくネットが手元になかったためにそのままぶち込んでありますw!ファクスタさんごめんなさい^^)

一見汚れていないように見えますが、最上部のウールマットは真っ黒!
ろ材を取り出してみると
e0170698_916125.jpg

うわぁ~!汚泥がぁ!

汚泥が出るのはバクテリアががんばってる証拠!
実際水質も問題ないし!大丈夫!
(でも、先日の38brainさんのaquamind3の記事ですごいことになっていたような・・・。)

その後換水用にストックしてある水で洗浄し、ろ材を2213に戻しウールマットを新品に交換して終了です。

水も透明!言う事なし!
[PR]
by drunk35 | 2009-07-02 09:26
現在の60Pでは↓写真のようにEHEIM2213と2213サブを使っているのですが
e0170698_11104940.jpg

ご覧のようにいろいろ変更を行い続けたためカオス状態ですw
ここら辺もきれいにスッキリと設置しなおしてやりたい!
これもリセット理由のひとつです。

リセット後も現在の外部フィルターを継続して使用していく予定ですが
変更点が少々あります。

ってことで、
きました~!

今回のリセット計画の最大の見せ場となります!

いろんな意味での最新兵器!

e0170698_1162977.jpg


fACTORY STYLE AQUAさんの濾過材!です。

先日、ちょっとしたことで
fACTORY STYLE AQUAさんにいろいろと質問させていただいた際
使ってみませんか?とモニターのお誘いが・・・。

もう二つ返事でお願いしちゃいました!

fACTORY STYLE AQUAさんのブログ上で製作途中の記事を拝見したときから

あぁ~、もうこれは製品になったら買おう!
と、心に決めていただけにとてもうれしかったです!

しかも、こちらのブログの内容から6lも送っていただて
ホント感謝でいっぱいです!

もちろんしっかりとレポートさせていただきます!

他にも新たなチャレンジとして、
先日導入を報告したクーラー
この廃熱を利用してフィルターを加温してみたいと思っております。

濾過バクテリアのもっとも活性化する温度は約30℃くらいで
通常ですと水槽の水の温度は25℃前後なので

バクテリアが最も活性化する温度にはちょいと足りない感じ・・・。

それをクーラーの廃熱を直にフィルターに当てることで
バクテリアの活性を促そう!

そういう発想です。

よくメタハラの安定器をフィルターにくっつける方がいますが
それと同じですね!


リセット開始まであと2日!


だれかぁ~水草いりませんかぁ?
[PR]
by drunk35 | 2009-05-06 11:10
昨日アップした記事で

60Pに謎な物がついていましたが
じつはこれ簡単お手軽な外掛けフィルターです。
e0170698_9155743.jpg

ここにきて濾過容量アップを狙った・・・


・・・訳ではなく、これを使ってあることをしようと思っています。

水草水槽をやっている方は外部フィルターを使用してる方が多いと思いますが、
(オーバフローを使用しているなんてすごい方もいらっしゃいますが)
皆さんご存知のように
基本、水槽のフィルターはどんな物を使用していても
ただフィルターの構造上の違いしかなく、結局やっていることは何も変わりません

で、フィルター内ではどんなことが行われているかというと

物理濾過:
主に大きなごみ(水草の切れ端とか)をウールマットやスポンジで
除去する文字通り“物理濾過”

生物濾過:
硝化バクテリアや脱窒バクテリアなど各種細菌の力を借りて有害なアンモニアや亜硝酸塩を
比較的無害な硝酸塩や窒素などに変換する

科学濾過:
活性炭による吸着や殺菌灯による紫外線などで
主に水槽水のにごりや黄ばみを除去する方法

の3つが行われています。

特に生物濾過がフィルター機能としては一番重要になってきます。

今、市販されているものには
・オーバーフロー式
・上部設置式
・外部フィルター
・外掛けフィルター
・底面濾過
・投げ込み式
(今回はそれぞれを詳しく説明しませんが・・・。)

の6つがあります。
どれも一長一短の価値があるのでどれが一番優れているというのは
いえませんが、
僕も使用している外部濾過方式は水の入り口から出口までほぼ密閉されているため
二酸化炭素を水槽内に添加している水草水槽では二酸化炭素を逃がさないという面で
比較的効率がいいのかなぁと思います。
e0170698_926592.jpg

しかし、外部式フィルターでは“密閉されている”という面が逆に最大の弱点にもなっています。
何が弱点なのかといいますと

ご存知の方も多いとは思いますが
生物濾過を行ってくれるバクテリアのうち硝化バクテリアと呼ばれる細菌は
好気菌と呼ばれ酸素を多量に要求してきます。
照明点灯中の水槽は多量の二酸化炭素が添加され
その分酸素量が少なくなっていることが想像できます。
(自分で測った事がないので具体的なデータはありませんが・・・。)

そして密閉されているということは
その水槽水を濾過するバクテリアにも酸素が不足がちだということが考えられます。
イコールで考えて外部式フィルターでは十分にバクテリアの活動を生かしきれていないんではないか?
という疑問も出てきます。

中には同じ疑問を訴えて外部フィルター内でエアレーションをかけるという
革新的なことをされている先輩方もいますが
一般的な水槽スキルでそこまでできるか?というと
なかなかそんな技術がある方はいないと思います。(僕も真似ができませんw!)

結論からすると、どんなに大掛かりな外部フィルターシステムを組んだとしても
(例えばEHIME2217を20個連結とかw)
きちんとバクテリアに酸素がいきわたっていなければ宝の持ち腐れになってしまう可能性がある。
ということです。

で、前置きがすごい長かったのですが
この逆転の発想で

小型で容量の小さい外掛けフィルターでも
バクテリアにしっかりと酸素がいきわたるようにすれば
小さい水槽ならバランスを取れるんじゃないか?

と考えたわけです。



続きは次回!

(注:上記に記載した内容はあくまで僕の考え方です。)

追記:外部フィルターの多連結がよくないと書いているようにも読めますが
 外部フィルターの多連結していてもちゃんとバランスが取れている方もいますので
 その辺は誤解しないでください!
 
[PR]
by drunk35 | 2009-03-06 09:27 | DIY
なんだか、メンテナンスのことしか書いてないような・・・。

こんにちわdrunk35です。

今日から3月ですね。
ってことで、今日は外部フィルターの清掃をしました。

e0170698_1251780.jpg


使っているのはEHEIM2213と2213のサブです。

2213サブにはエーハイメック1l、サブストラットプロ・スモール2l、
2213にパワーハウス ソフトタイプ Mサイズを2l入れています。

2213サブ→2213の順番で接続していて2213サブのは方にはウールマットなども入れて
物理的濾過メイン、2213は生物濾過メインと考えています。

ちなみに僕はメンテナンスのサイクルを決めていて

毎週日曜日は換水
隔週で日曜日はホース類の清掃
毎月1日は外部フィルターの清掃
トリミングは気が向いたときw

という感じでやっています。

皆さんはどのくらいの周期で清掃しているのだろうか?
もしかして、もっとマメにやるべきものなのだろうか・・・。
[PR]
by drunk35 | 2009-03-01 13:02 | メンテナンス